びわこ成蹊スポーツ大学は、スポーツを総合的な視野から把握し、未来のスポーツのあり方とその実践方法を考えるために「スポーツ学部」を設置。今後のスポーツ領域をリードし、新しいスポーツ文化を創造する、深い知識と実践力を備えた人材を養成します。

TOP > びわこ成蹊スポーツ大学新聞TOP > vol.28 > アルティメット部 連覇逃すも3位

アルティメット部 連覇逃すも3位

第28回全日本大学アルティメット選手権で、本学はメン部門で3位となった。初優勝した昨年に続く連覇はならなかったが、立派な成績。ウィメン部門もこの大会6位と健闘した。

本学は、昨年の決勝で競り勝った日体大を破るなど、V2を目指して順調に勝ち進んだ。だが、準決勝で同志社大に6─7の惜敗。3位決定戦では7─6で日本大に勝った。石戸主将は「全国で3番目というのはすごいことだと思うが、悔しさも残る。来季は日本一を取り戻す」と目標を掲げた。

水泳部(競泳)は第91回関西学生選手権(関西インカレ)で男子が200.5点で見事に2部総合優勝し、1部昇格を果たした。個人13種目のうち6種目で優勝し、リレーは3種目中2種目で優勝するなど、快調に得点を重ね2位の立命館大に大差をつけた。

軟式野球部は、京滋連盟秋季リーグ戦で4勝1敗の成績で優勝を果たした。また女子バスケットボール部は関西女子学生3部リーグで2位となり、入れ替え戦で京都大に勝って2部昇格を果たした。フットサル部(男子)は、関西学生リーグ戦で2位となった。

▲ページトップへ

COPYRIGHT (C) 2009 BIWAKO SEIKEI SPORT COLLEGE . All rights reserved.