びわこ成蹊スポーツ大学は、スポーツを総合的な視野から把握し、未来のスポーツのあり方とその実践方法を考えるために「スポーツ学部」を設置。今後のスポーツ領域をリードし、新しいスポーツ文化を創造する、深い知識と実践力を備えた人材を養成します。

TOP > びわこ成蹊スポーツ大学新聞TOP > vol.27 >アルティメット日本代表 本学から4人選出

アルティメット日本代表 本学から4人選出

昨年、大学日本一に輝いたアルティメット部から4人が日本代表に選ばれた。2018年1月7日〜13日にパース(オーストラリア)で開催される「WFDF2018世界U─24アルティメット選手権大会」のメン部門とミックス部門に各2人が選出された。

メン部門の2人は、正確なパスが持ち味の藤原睦(4年)と堅実な守備で流れを変える石戸君弥(3年)。ミックス部門では、高さを生かした競り合いでチームに貢献する村上崚太郎(4年)と走力がありムードメーカー的存在の松嶋結倭(3年)が日の丸を背負って戦うことになった。

両部門とも悲願の「優勝」を目指すことになる。本学アルティメット部としては、この精鋭メンバーを軸に「インカレ2連覇」が大きな目標となり、日々練習に励んでいる。

▲ページトップへ

左から、石戸選手、藤原選手、村上選手、松嶋選手

COPYRIGHT (C) 2009 BIWAKO SEIKEI SPORT COLLEGE . All rights reserved.