びわこ成蹊スポーツ大学は、スポーツを総合的な視野から把握し、未来のスポーツのあり方とその実践方法を考えるために「スポーツ学部」を設置。今後のスポーツ領域をリードし、新しいスポーツ文化を創造する、深い知識と実践力を備えた人材を養成します。

TOP > びわこ成蹊スポーツ大学新聞TOP > vol.27 >第94回 関西学生陸上競技対校選手権大会 奮起の総合2位 1部昇格

第94回 関西学生陸上競技対校選手権大会
奮起の総合2位 1部昇格

陸上競技の第94回関西学生対校選手権大会は5月10日から4日間、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われ、男子は135点を挙げて2部総合2位に食い込み、見事に1部昇格を果たした。

1部最下位で降格した昨年の悔しい思いをぶつけ、それぞれの種目で選手が活躍し、フィールド、混成競技を中心に得点を重ねた。

円盤投げは細谷海人(4年)が45m26で優勝を果たし、十種競技でも黒田貴稔(4年)が7032点で2位以下に大差をつけて圧勝した。このほか、走り幅跳びでは小野武蔵(2年)が7m46で優勝、三段跳びの岡林隼矢(大学院1年)も15m39で勝って、表彰台の中央に立った。1万m競歩では、菅浪裕也(4年)が大会記録を更新する40分49秒31で2位となった。1位との差はわずか1秒65。「有終の美を飾りたかったが、最後に自分の詰めの甘さが出てしまった」と菅浪は悔しさを語った。

2部1年での昇格。渋谷部長は「4年次生を中心に部員全員が力を出し切ってくれた。悔しい思いをバネに練習に取り組んだ成果が表れた」と選手の奮起を評価した。

陸上部は今年度から花園高で長年にわたって陸上部を指導した石井田氏を総監督に迎え、指導体制が充実したことも選手にとって大きなプラスとなった。石井田総監督は、日本陸連の強化育成にも携わった経験を持つベテラン指導者で、インターハイなどで数多くのチャンピオンを生んだ。

キャプテンの菅浪は「チーム全体で切磋琢磨し、インカレ優勝を目標に今後も邁進していきたい」と、大きな目標を掲げた。

第94回関西学生陸上競技対校選手権大会

男子2部〈総合〉

順位 学校名 総合得点
1位 龍谷大 145点
2位 びわスポ大 135点
3位 摂南大 81点

主な決勝記録〈男子〉

名前(学年) 種目 記録 順位
吉田 拓也(4) 100m 10秒76 3位
吉田 拓也(4) 200m 21秒66 3位
菅浪 裕也(4) 10000m競歩 40分49秒31 2位
塩屋  陸(2) 41分41秒90 3位
城元真生人(1) 45分10秒59 7位
萩原 響太(4) 4×100m
リレー
40秒92 3位
向井 浩祐(4)
福永 大翔(2)
吉田 拓也(4)
若松 雄太(4) 4×400m
リレー
3分13秒77 4位
黒田 貴稔(4)
川村 真弘(4)
辻中 成紀(3)
上村 太一(3) 走り高跳び 1m95 4位
田中 雅貴(4) 1m95 4位
嶋﨑 吉孝(4) 棒高跳び 4m80 2位
吉川 寿希(1) 4m60 6位
小野 武蔵(2) 走り幅跳び 7m46 1位
岡林隼矢(院1) 7m34 3位
岡林隼矢(院1) 三段跳び 15m39 1位
細谷 海人(4) 円盤投げ 45m26 1位
清水 大宝(2) 39m84 4位
山田 有亮(1) 39m74 7位
矢野和宏(院1) ハンマー投げ 53m71 3位
吉岡 大樹(1) 51m55 4位
坂本 和磯(2) 50m75 6位
泉田 英泰(3) やり投げ 62m22 4位
都原  航(2) 60m93 6位
黒田 貴稔(4) 十種競技 7032点 1位
津田 右近(2) 5974点 4位
増田 聖梧(2) 5583点 6位

主な決勝記録〈女子〉

名前(学年) 種目 記録 順位
松村  綾(3) 棒高跳び 3m20 6位
柴田 華那(3) 砲丸投げ 12m79 8位

▲ページトップへ

 

菅浪主将(右)と塩屋選手

COPYRIGHT (C) 2009 BIWAKO SEIKEI SPORT COLLEGE . All rights reserved.