びわこ成蹊スポーツ大学は、スポーツを総合的な視野から把握し、未来のスポーツのあり方とその実践方法を考えるために「スポーツ学部」を設置。今後のスポーツ領域をリードし、新しいスポーツ文化を創造する、深い知識と実践力を備えた人材を養成します。

TOP > びわこ成蹊スポーツ大学新聞TOP > vol.26 > アルティメット部 日本一!

アルティメット部 日本一!

本学アルティメット部が大学日本一に輝いた。第27回全日本大学アルティメット選手権大会メン部門決勝戦は、10月1日に東京・駒沢陸上競技場で行われ、日本体育大に11─10で競り勝って、初優勝を遂げた。

同選手権に8年ぶりに出場した本学は、予選リーグで公式戦では勝ったことのなかった近畿大を倒して勢いに乗り、準決勝では同志社大を撃破。決勝でもこの大会で過去9度優勝の強豪と互角に渡り合い、接戦をものにした。大会MVPには決勝点となったパスを決めた山家龍汰選手が選ばれた。
10月3日には、本学クラブハウスで優勝報告会が開催された。岡野恭太主将は「悩んだこともあったが、それでも優勝することができたのは、自分たちがやってきたことを信じて楽しもうと、チーム一丸となって戦うことができたからだと思います。日本一になれたのは自分たちの力だけでなく、本当に皆さんのおかげだと感謝しています。応援ありがとうございました」とあいさつした。詰めかけた学生らに祝福され、レイカーズのメンバーは笑顔が絶えなかった。

▲ページトップへ

COPYRIGHT (C) 2009 BIWAKO SEIKEI SPORT COLLEGE . All rights reserved.