びわこ成蹊スポーツ大学は、スポーツを総合的な視野から把握し、未来のスポーツのあり方とその実践方法を考えるために「スポーツ学部」を設置。今後のスポーツ領域をリードし、新しいスポーツ文化を創造する、深い知識と実践力を備えた人材を養成します。

TOP > びわこ成蹊スポーツ大学新聞TOP > vol.25 > 第93回関西学生陸上競技対校選手権大会 健闘及ばず2部降格

第93回関西学生陸上競技対校選手権大会 健闘及ばず2部降格

第93回関西学生陸上競技対校選手権は5月12日から4日間、大阪・ヤンマースタジアム長居で開催された。12の大学で争った男子1部で、本学は総合得点25.5の最下位となり2部降格が決まった。

残念な結果に終わったが、短距離で吉田拓也(3年)が気を吐いた。100mは10秒62で5位、200mでは21秒34をたたき出し、日本インカレ標準記録B(21秒35)を突破して3位に入り、表彰台に上った。十種競技の黒田貴稔(3年)も同標準記録A(6920点)を見事に突破する6958点で、3位入賞を果たした。

跳躍では藤原僚二(4年)が三段跳びで7位。千賀拓(4年)と上村太一(2年)が走り高跳びでともに7位に入った。板東歓揮(4年)は棒高跳び7位だった。1万m競歩では塩屋陸(1年)が7位、菅浪裕也(3年)は試合中に足をつりながらも歩き切り、8位となった。ハンマー投げの赤澤翔也(4年)は8位。

渋谷部長は「部の雰囲気が本気度の違いで二極化していることが2部に降格した原因。スタッフ一同サポートしきれていない面もあった」と敗戦の弁。新任の藤林コーチは「今まで以上のトレーニングを課し、強くなるための環境を作るためにサポートする。1年で1部に昇格するために引っ張る」と決意を語った。

女子では円盤投げの太田奈穂(4年)が4位となり、やり投げの梅本志穂(4年)は7位だった。

第93回関西学生陸上競技対校選手権大会
主な決勝記録

名前(学年) 種目 記録 順位
吉田 拓也(3) 100m 10秒62 5位
200m 21秒34 3位
塩屋  陸(1) 10000m競歩 45分23秒21 7位
菅浪 裕也(3) 45分52秒70 8位
千賀  拓(4) 走り高跳び 2m00 7位
上村 太一(2) 2m00 7位
板東 歓揮(4) 棒高跳び 4m70 7位
藤原 僚二(4) 三段跳び 15m22 7位
赤澤 翔也(4) ハンマー投げ 54m64 8位
黒田 貴稔(3) 十種競技 6958点 3位

太田 奈穂(4) 円盤投げ 39m97 4位
梅本 志穂(4) やり投げ 48m92 7位

男子1部 〈総合〉

順位 学校名 総合得点
1位 関西学院大 206.5点
2位 立命館大 111点
3位 同志社大 93.5点
4位 京都産業大 87点
5位 大阪体育大 81.75点
6位 大阪教育大 60点
7位 近畿大 43点
8位 京都大 41点
9位 関西大 40.25点
10位 京都教育大 39点
11位 龍谷大 28.5点
12位 びわスポ大 25.5点

▲ページトップへ

吉田拓也

COPYRIGHT (C) 2009 BIWAKO SEIKEI SPORT COLLEGE . All rights reserved.