びわこ成蹊スポーツ大学は、スポーツを総合的な視野から把握し、未来のスポーツのあり方とその実践方法を考えるために「スポーツ学部」を設置。今後のスポーツ領域をリードし、新しいスポーツ文化を創造する、深い知識と実践力を備えた人材を養成します。

TOP > びわこ成蹊スポーツ大学新聞TOP > vol.24 > 2015年度 文化講演会開催

2015年度 文化講演会開催

2015年度の文化講演会は1月7日に開催され、テレビ番組でも活躍する脳科学者、茂木健一郎さんが「スポーツの魂、すぐやる脳の科学者から」と題して講演した。学生を壇上に招き上げ、自らも会場を動き回る、型破りで刺激的な講演となった。
第1部は脳の活性化につながる「むちゃぶり」について。ランダムに学生を指名し、英語での自己紹介などを求め、「自分のできないことに挑戦することが大事。むちゃぶりを乗り越える経験をしてほしい」と能力を引き出す脳の使い方を説明した。第2部は嘉田学長が司会進行役で学生の質問に茂木さんが答える形で行われた。学生からの質問で多かったのが脳とスポーツの関係性。茂木さんは「スポーツで鍛えた脳は勉強にも社会に出ても使える」と答えていた。最後には記念撮影も行われ、終始楽しい雰囲気の中での文化講演会だった。

▲ページトップへ

COPYRIGHT (C) 2009 BIWAKO SEIKEI SPORT COLLEGE . All rights reserved.