びわこ成蹊スポーツ大学は、スポーツを総合的な視野から把握し、未来のスポーツのあり方とその実践方法を考えるために「スポーツ学部」を設置。今後のスポーツ領域をリードし、新しいスポーツ文化を創造する、深い知識と実践力を備えた人材を養成します。

TOP > びわこ成蹊スポーツ大学新聞TOP > vol.24 > フットサル部 1部リーグ 惜しくも2位

フットサル部 1部リーグ 惜しくも2位

関西学生リーグで、フットサル部が惜しくも優勝を逃し、2年連続の2位となった。12勝1分け2敗の勝ち点37で立命館大と並んだが、得失点差で及ばなかった。
リーグ終盤までもつれた優勝争い。本学は最終戦で全日本大学大会優勝の強豪、同志社大トップチームに4─2で競り勝った。同点の後半残り3分に3点目が決まり、続けざまに加点した。流れを引き寄せる勝負強さを見せた。一番の勝因は「今までの試合が今日の試合につながった。皆の頑張り」(河内主将)だった。
同志社大トップが最終戦で敗れて勝ち点34に終わったため、立命館大に優勝をさらわれたが、連続の1部2位は立派な成績。チームは着実に成長しており、2016年度の戦いも見逃せない。

▲ページトップへ

COPYRIGHT (C) 2009 BIWAKO SEIKEI SPORT COLLEGE . All rights reserved.