びわこ成蹊スポーツ大学は、スポーツを総合的な視野から把握し、未来のスポーツのあり方とその実践方法を考えるために「スポーツ学部」を設置。今後のスポーツ領域をリードし、新しいスポーツ文化を創造する、深い知識と実践力を備えた人材を養成します。

TOP > びわこ成蹊スポーツ大学新聞TOP > vol.23 > 新客員教授のご紹介

新客員教授のご紹介

2015年度から客員教授に新たに4人が加わった。写真家の今森光彦氏、シンクロナイズドスイミングの五輪メダリストである奥野史子氏と田中ウルヴェ京氏、女子バレーボール五輪金メダリストの荒木田裕子氏。
今森氏は琵琶湖を取り巻く自然環境について、奥野氏と田中氏はオリンピックへの取り組みやスポーツ界の情報について、2020年東京オリンピック・パラリンピック招致に関わった荒木田氏にはオリンピックやアスリートのキャリア教育などについて、それぞれ特別授業が予定されている。
辰野勇氏(株式会社モンベル代表取締役会長)、佐々木則夫氏(サッカー日本女子代表チーム監督)と合わせ、客員教授はこれで6人となった。

左から今森光彦氏、奥野史子氏、田中ウルヴェ京氏、荒木田裕子氏

▲ページトップへ

COPYRIGHT (C) 2009 BIWAKO SEIKEI SPORT COLLEGE . All rights reserved.