びわこ成蹊スポーツ大学は、スポーツを総合的な視野から把握し、未来のスポーツのあり方とその実践方法を考えるために「スポーツ学部」を設置。今後のスポーツ領域をリードし、新しいスポーツ文化を創造する、深い知識と実践力を備えた人材を養成します。

TOP > びわこ成蹊スポーツ大学新聞TOP > vol.23 > 陸上競技部 第92回関西学生陸上競技対校選手権大会 1部守る

陸上競技部 第92回関西学生陸上競技対校選手権大会 1部守る

陸上競技部が奮闘した。第92回関西学生対校選手権は5月14日から4日間、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた。男子1部は12の大学で争われ、下位2チームは2部に降格する。本学は3日目までにわずか6点しか取れなかったが、最終日に27点を奪って天理大、大阪大を上回り33点の総合10位で1部を守った。

ポイントを稼いだのは1万m競歩だった。菅浪裕也(2年)が43分7秒84で2位、長澤匠(2年)が3位に入り、1年次生の森川雅己も7位に食い込んで3人で15点を獲得した。跳躍では藤原僚二(3年)が走り幅跳びで7位、三段跳びで5位と2種目で入賞し、棒高跳びでは板東歓揮(3年)が4位、加川涼真(3年)が6位となり、計12点を取った。1部での過去2年はポイントを取れなかった投てき種目でも2点を稼いだ。十種競技の黒田貴稔(2年)は8位だった。
渋谷部長は「よくやってくれた。今年も大変だったが来年の方がもっと大変。次の4年次生は、唯一2部を経験していない学年なので頑張ってほしい」と語り、志賀監督は「下級生が頑張ってくれた。来年も得点を取った人が多く残っているので期待したい。とりあえず本当によくやってくれた」と話した。
女子では円盤投げの太田奈穂(3年)が4位に入り、5点を挙げた。このポイントで女子は総合19位。

第92回 関西学生陸上競技 対校選手権大会

男子1部 〈総合〉
順位 学校名 総合得点
1位 関西学院大 187点
2位 大阪体育大 110点
3位 京都産業大 84点
4位 大阪教育大 80点
5位 京都大 74.5点
6位 立命館大 71点
7位 関西大 66点
8位 同志社大 57点
9位 近畿大 43点
10位 びわスポ大 33点
11位 天理大 24.5点
12位 大阪大 22点


主な決勝記録

名前(学年) 種目 記録 順位
森  省太(4) 200m 21秒93 7位
菅浪 裕也(2) 10000m競歩 43分07秒84 2位
長澤  匠(2) 44分30秒35 3位
森川 雅己(1) 46分15秒47 7位
岩本 浩和(3) 4×100mリレー 41秒16 8位
吉田 拓也(2)
萩原 響太(2)
森  省太(4)
藤原 僚二(3) 三段跳び 15m17 5位
走り幅跳び 7m13 7位
板東 歓揮(3) 棒高跳び 4m80 4位
加川 涼真(3) 4m60 6位
西平 守将(3) ハンマー投げ 55m26 8位
細谷 海人(2) 円盤投げ 40m53 8位
黒田 貴稔(2) 十種競技 6612点 8位

▲ページトップへ

菅浪裕也(左)、長澤匠(右)

菅浪裕也(左)、長澤匠(右)

COPYRIGHT (C) 2009 BIWAKO SEIKEI SPORT COLLEGE . All rights reserved.