びわこ成蹊スポーツ大学は、スポーツを総合的な視野から把握し、未来のスポーツのあり方とその実践方法を考えるために「スポーツ学部」を設置。今後のスポーツ領域をリードし、新しいスポーツ文化を創造する、深い知識と実践力を備えた人材を養成します。

就職状況

 長引く日本経済の低迷で7期生の就職は、厳しさが予想されたが、2月末の就職内定者は前年よりも大幅増で順調に進路が決まっている。
 260人の就職希望者のうち、内定者は191人で内定率は73・5%で、前年同期の58・6%を大きく上回った。関西アーバン銀行や大和ハウス工業など一般企業(上場)に54人が決まったほか、スポーツ系企業では大手のミズノやエスエスケイ、イトマンスイミングスクールなど本学の学びの特色を活かせる企業に63人、県内の企業には20人の就職が決まっている。
 また、消防、警察関係の公務員が既卒を含めて33人、関心の高い教員は採用試験の合格者が現役と大学院生が各1人、卒業生が近年では最多の35人で昨年の合格者21人を大きく上回る好結果になった。

就職内定・進路合格者数一覧(2013年2月28日現在、数字は人数)

学科 コース 企業 教員 教員
(講師)
公務員 進学
生涯スポーツ 野外スポーツ 7 0 1 1 1
地域スポーツ 41 0 1 3 5
学校スポーツ 3 1 1 5 3
競技スポーツ トレーニング・健康 22 0 1 7 1
コーチング 32 0 1 4 1
スポーツビジネス 33 0 1 1 1
スポーツ情報戦略 20 0 1 2 4
合 計 158 1 9 23 16

▲ページ上部へ

COPYRIGHT (C) 2009 BIWAKO SEIKEI SPORT COLLEGE . All rights reserved.